アパートのベランダに鳩が停まる理由を知り鳩対策しよう

無害の生き物という認識は捨てよう~アパートに鳩が住みつく危険~ 無害の生き物という認識は捨てよう~アパートに鳩が住みつく危険~

鳩対策をしないと恐ろしいことになる

男性作業員

害獣にも指定されている鳩は、住宅地や商業施設など様々な場所に住み着き、我々に甚大な被害を及ぼします。安易に放置せず、鳩対策をしっかりと行ないましょう。アパートは鳩被害に遭いやすい場所です。また、トラブルも起こりやすいので、気を付けましょう。

鳩が引き起こす悲劇

最初は鳩がベランダに訪れてその後回数が増えます (駆除業者)

鳩による被害は、ほんの些細なきっかけから始まります。最初は羽休めの場所を求めて寄り付き、休憩場所の確保を行ないます。いっけん何の問題もないような光景ですが、2、3羽が5,6羽と増えていくと、鳴き声による騒音被害、糞害などが目立つようになります。また、この段階で追われることなく過ごせると認知すると、休憩場所から寝床へと目的を替えて住み着くようになります。この段階であれば、専門業者の講じる対策で簡単に撃退することが可能です。

次にベランダをねぐらとします (駆除業者)

雨や風が凌げるベランダは、鳩にとって格好のねぐらとなります。特に室外機の裏は温度が保たれており、外敵からの攻撃から身を守ることができます。この段階になると、短時間の滞在から時間が延び、夕方~深夜まで長時間の滞在となります。そうなれば自ずと騒音や糞害も増えてしまうことになるでしょう。布団や衣類を洗濯しても、鳩の糞や羽がこびりつき目に見える形で被害を受けることになります。ねぐらに認定される前に、専門業者に駆除依頼を行なうことをオススメします。

最後に巣を作るのです (駆除業者)

寝床と認定された場所から鳩を追い出すのは至難の業です。鳩は非常に縄張り意識が強い生き物です。巣を撤去しようとしても、妨害されケガを負うこともあり得えます。この段階になると、騒音や糞害による影響も大きくなり放置することが難しいでしょう。周辺環境にも影響を与えてしまう前に、早急な対応が求められます。専門業者に鳩駆除や鳩対策を依頼しましょう。鳩は帰巣本能も高いため、後戻りが心配されますが専門業者に鳩対策を行なってもらえば、その心配もなくなくます。

鳩は縄張り意識が強く、定住が可能な場所を見つけると長期間住み着いてしまいます。無害に見える風貌の持ち主ですが、糞害や騒音など人間に与える被害は大きく、しっかりとした対策が必要です。自分の手に余ると判断した場合は、速やかに専門業者へと依頼を行ないましょう!

アパートだと周りの人にも迷惑をかける

鳩による被害は、自分だけの問題ではありません。鳩対策をしないと、近隣にも迷惑をかけてしまうことになります。

自分だけの問題ではない

鳩の鳴き声
鳩は鳴き声を発します。特徴的な鳴き声は、数匹集まると立派な騒音と化します。近年では住宅環境の密接化により、音のハウリングや音漏れに敏感な方が多くなっています。自分のベランダに住み着いた鳩を放置して、近隣住民からクレームが入ってしまわぬ前に、鳩対策を行ないましょう。鳩の被害は地方だけの問題ではなく、都市部でも同様に起こっているので注意が必要です。
糞による悪臭
ペットとは異なる鳩は、トイレの躾が行なえるわけではありません。そうなると起こる被害が糞害です。1羽の糞は少量だ、そう甘く考えていませんか?鳩は至る所に糞をするため、車や衣類、建物の外観まで汚していきます。また、溜まって乾燥した糞は、粉塵となり人間の健康に被害を及ぼします。免疫力の低いお子さんや、高齢者にとっては健康状態を左右してしまう被害となるでしょう。
TOPボタン